専門の産婦人科で検査を受けよう|女性特有の病気発見ができる

男女

不妊治療に効果があるもの

妊婦さん

治療法の選択をする

大阪の産婦人科では不妊治療も行われており、パートナーとの性交渉をしてもなかなか妊娠できない人たちのために妊活サポートをしてくれます。初めて不妊症と判断されて治療を受ける際にはタイミング法が行われることも多いです。タイミング法とは、女性の排卵日を予想してそれに合わせてパートナーとの性交渉をするというものです。排卵日は一番妊娠しやすいといわれる時期なので、タイミング法によって妊活をすることで妊娠できる確率を高めることができるのです。大阪の産婦人科ではタイミング法以外にも体外受精や人工授精などの方法があります。大阪の産婦人科で行なわれている治療の中ではタイミング法が一番身体に負担のかからない方法だといわれていますが、それでも妊娠できない人は一つ上の段階の治療へ進む必要があります。体外受精などはタイミング法に比べて妊娠しやすいとされていますが、そのかわり身体に大きな負担がかかりやすいので注意が必要です。大阪の産婦人科でしっかり医師と話し合ってから体外受精の方法を選択しましょう。

流れを把握しておく

大阪の産婦人科で行なわれている体外受精の方法は、女性の卵子を取り出し男性の精子と組み合わせてできた受精卵を体内に戻して妊娠をさせるというものです。体外受精をするときにはまず排卵をするために排卵誘発剤を使用していきます。これにより多くの卵子を生み出してそれから取り出していきます。卵子を多くする理由としては妊娠の確率を少しでも高めるためです。それから男性の精子を採取し、洗浄をしてより強い精子のみを卵子と結び付けていきます。この作業が完了したら女性の子宮に戻して妊娠を待つのみです。妊娠が判定するまでに2週間ほどかかるとされているので、その日まで検査結果を待ってみましょう。